ホーム >  NEWS > 『令和』高志の国ニュース ~新元号 富山県内ゆかり紹介~

『令和』高志の国ニュース ~新元号 富山県内ゆかり紹介~

2019年4月4日

高志の国文学館

富山県ゆかりの作家や作品の魅力を幅広く発信し、誰もが気軽に「ふるさと文学」に親しみ、学ぶことができる場所です。

 

富山県は・・・ 万葉歌人・大伴家持が223首もの歌を詠んだ越中万葉ゆかりの地です

 

高志の国文学館 館長 中西進氏 http://www.koshibun.jp/  〒930-0095 富山市舟橋南町2-22 電話:(代表)076-431-5492

 

高岡市万葉歴史館

『万葉集』や「越中万葉の世界」を楽しみながら学べる展示を行っています。『万葉集』とその時代を探求するための関係資料を閲覧できます。

 

富山県は・・・

・『万葉集』の代表的歌人であり編者ともされる大伴家持が、746年から約5年間、越中の国守として国庁が置かれた高岡の地に在任しました

・家持やその部下の官人たちは、越中を舞台に300首以上もの歌を今に伝えています

高岡市万葉歴史館 館長 坂本信幸氏 http://www.manreki.com/ 〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11 電話:0766-44-5511

 

「万葉の梅園」和菓子

万葉集の歌 ~梅の花 咲き散る園に 我行かん 君が使ひを片待ちがてら~ になぞらえた銘菓です

引網香月堂 930-0151 富山県 富山市古沢111-3 電話:076-471-8755