TOP >  企業情報 >  大同産業株式会社 / 会社概要

大同産業株式会社Daidosangyo Ltd. Company Profile

ものづくりの“パートナー”としてお客様をサポートいたします

1948年の設立以来、産業用分野で常に着実な実績を上げています。
塗料化学品を中心とした生産資材の販売を通して、産業や生活のいろいろな分野へと事業の領域を広げ、事業を多角的に展開してきました。
現在では、塗料・塗膜形成技術、生産財(化成品・物資・加工メーカー機能)、工事、ICT、AIoT、5G事業を担っています。
これからも、産業の多岐にわたる分野で社会の新しい歩みを支え続け、最適先進性の可能性を追求していきます

Keyword8 大同産業・CDLグループを知るキーワード

70年以上の歴史の中で培われてきた「生産財メーカー商社」としてのポジション・姿勢・想いなど、
8つのキーワードから大同産業・CDLグループを紐解きます。

1.生産財商社×600
2.No.1×1948
3.技術力
4.商社×メーカー
5.グローバル
6.お世話役
7.少数精鋭
8.教育

最適な塗料・工法を提案・提供することで、お客様をサポートいたします
お客様のニーズに応じて最適な塗料と工法をご提案いたします。 ご検討に際しては当社の技術スタッフがサポートいたします。

事業内容

DACグループのコア、大同産業は化学品を中心とする商社として1948年設立。
今日では科学専門商社・感響デザインものづくり業として、新素材工業製品分野、AIoT分野(CDL)、建築リノベーション分野、モビリティ分野において、お客様・モノづくり企業一体となって製品共同開発を行っております。
また、高岡本社及び、砺波、富山の3拠点に、塗料色の高精度調整を実現するカラーラボラトリを設置。 先進の設備と、豊富な経験を有する技術スタッフによって、お客様が求める色彩を的確に表現。つねに安定した品質での塗料供給を可能にしています。

実 績

●AIoT分野では、工場ラインの見える化システムを受注納品(2018年)。
●建築塗材分野では県内トップシェアを確立し、又当社の固有技術から生まれた新素材は、これまでに、バドミントン、テニス、ゴルフ、ロードバイク、スノーボードなどの五輪オリンピック、パラリンピック競技スポーツ用品や工作機械、自動車関連ものづくり等を通じて多様な分野、世界中に提供。
●産業化IT街づくりを通じて自治体地域づくりに参画

(売上構成)

会社概要

会社名大同産業株式会社
代表取締役社長松原 吉隆
所在地〒933-0813 富山県高岡市下伏間江331
代表電話番号TEL:0766-26-5050 / FAX:0766-26-5051
設立1948年2月
資本金1億円(グループ計)
決算年1回3月
関連会社(株)シーデーエル
業務提携・共同研究開発先京都大学・明治大学・東海大学・富山大学、東京・大阪・京都 アメリカ・カナダ・韓国・中国など
主な事業内容科学専門商社・感響デザインものづくり業
塗料化学品環境開発商社
環境デザイン街づくりコンサル企画プロデュース
事業所高岡・砺波・富山(富山県内4拠点)